マザーツリーの薔薇、満開でした。

 6月1日、2日と、長野県茅野市の倶楽部ギャラリーマザーツリーに伺いました。

 春、諏訪湖畔の施設での演奏に伺った折にはまだ幹線道路の一部に雪が残って、コブシの花が咲いていました。

 

高ボッチ高原牧場の牛たちは水飲み場に。
高ボッチ高原牧場の牛たちは水飲み場に。

 3月には山道に雪が多く、途中で引き返した「高ボッチ高原」、今回は順調に到着♪

 梅雨の晴れ間ではありましたが、北アルプス方面は見事な雲!富士山も雲の彼方でしたが、レンゲツツジの広がる斜面の向こうに穂高、乗鞍、御嶽山、甲斐駒ヶ岳、蓼科などを見ることができました。

ソフューズパペチュアル満開♪

ソフューズパペチュアル、数えてみたら50輪以上咲いています。蕾もたくさん。
ソフューズパペチュアル、数えてみたら50輪以上咲いています。蕾もたくさん。

 今年一番先に咲いたソフューズパペチュアル、その後も順調に花を付け、17日に数えてみたところ50輪以上咲いていました。

 見上げればアーチのパレードも咲きはじめましたし、花数の多さではこれから花盛りを迎えるヘリテージも負けていません。

 一年で一番忙しく、嬉しい時期を迎えつつあります。

「季節の薔薇」も御覧下さい。

5月の新潟 クラシックストリート

 2018年5月5日の新潟クラシックストリートに初めて参加しました。

 これまで1月と7月の新潟ジャズストリートに参加していましたが、5月に新潟市を訪れるのも初めて。

 八重桜の散り始めた宮城蔵王から山形県を抜けると山桜がところどころ咲いており、新潟平野に入ると自動車道から見る広大な鏡のような水田では田植えが始まっていました。

 演奏の翌日、真っ直ぐに向かったのは、今年公開された映画「ミッドナイトバス」のラストシーンのロケが行われた新潟市のカーヴドッチ

 葡萄園は一面浅緑の葉が開き、庭園にちりばめられたバラはようやく蕾を持ったところでした。

 ゆるやかな時間が流れる最高の空間でした。

今年はソフューズパペチュアル

 ⇒「季節の薔薇」もどうぞ。

 イチジクの苗木を鉢に植えたり、トウガラシ、ピーマンを畑(?バラの隙間)に植えたり、ひと休みしたら、ソフューズパペチュアルの蕾が開きかけていました。

 暖かな日が続き、他のバラも次々と開花してくれそうです。

 困ったことにアブラムシ(アリマキ)も多いのですが、テントウムシも早々と羽化して頑張っています。

 ロココやパレードのアーチにからんでいるクレマチスも一気に咲き始めました。種類は…Miyukiさんに聞かないと不明(笑)

 明日は11時から福島県あづま総合運動公園「春の感謝祭」で演奏があるのでバラの開花を見逃さないように、チュウレンジバチに荒らされないように、と忙しい季節に突入です。

塀を塗りました。

ストリートビューの画像、かなり傷んでます。
ストリートビューの画像、かなり傷んでます。

2018年4月19日(木)

 庭の花を家の中から見ている時には気にならなかったのですがGoogleストリートビューで外構を見たら「こりゃひどい!」見れば2014年7月の画像。両親の介護で、花の世話どころではなかった頃

一応の完成をみた塀です。
一応の完成をみた塀です。

 2018年4月4日一念発起で塗装開始!

 演奏の無い日で、風が弱く、雨の降らない日…、などと日和を選んでいたら、今日19日まで、ほぼ半月かかりました。

庭では虎の尾桜が揺れています。
庭では虎の尾桜が揺れています。

 Takanoの住む団地は人口1万人程度、路線バスとは別に町内をコミュニティーバスが走っています。

 毎年、家の薔薇が咲く頃になるとコミュニティーバスはスピードを緩めて通過してくれるとのこと。

 この春は気温の高い日が多いので薔薇の生育が早く、デンティベス、ニューウェーブ、シェイクスピア、バフビューティーなどがすでに蕾を持っています。

 塀の塗装が薔薇の開花に間に合いました。

 さて、明日は「ゆと森倶楽部」で暖炉ライブです。(Takano)

芳水桜、綺麗でした。

20018年4月4日

 福島市松川町の芳水桜、見に行って来ました。

 2011年の震災よりも前に行ったきりで、8年振りいや、Takanoの父も元気に写真を撮っていたので、10年振りの芳水桜、ほぼ満開でした。

小平奈緒さん祝賀パレード

「神様は越えられない試練は与えない!」

 

2018年3月25日(日)

 快晴のもと、平昌オリンピック金メダル、銀メダルに輝いた小平奈緒さんの祝賀パレードが地元長野県茅野市で行われました。

 小平さんの「神様は越えられない試練は与えない。」という言葉は沢山の人に勇気を与えてくれました。

 諏訪大社御柱祭りの木遣り、東海大付属諏訪高校吹奏楽部の祝奏などが花を添え、嬉しさあふれるパレードでした。