花散歩


2018年 花散歩


こぶしの開花長野県上田市)

2018.3.24 Sat.

 

 長野県上田市塩田平方面にも春が到着、そんな感じです。

 こぶしの花がちょうど開きかけたところで、うぶ毛に包まれたつぼみはまるで大きなネコヤナギのようでした。


梅の花に雪です。
梅の花に雪です。

2018年3月21日春分の日

 

前日まで暖かな日差しで、近所の梅も満開。というところで突然の雪です。

本格的な春はもう少し先でしょうか。

「庭の福寿草」
「庭の福寿草」
これも「庭の」フキノトウ
これも「庭の」フキノトウ



2017年 花散歩


ホトトギスの咲く季節。

2017.10.8 Sat.

 横浜ジャズプロムナードに向かう朝、ホトトギスが咲いていました。

 庭の桔梗も藤袴もそろそろおしまいというこの時期だったかなぁ…。

 鳥のホトトギス、万葉集では「霍公鳥」、古今集になると「郭公」、「杜鵑」と表されることが多いようです。

 「郭公」って「菅公」のこと?などと妄想してしまいます。さて、横浜行って来ます。


足利フラアワーパーク、久しぶりに行って来ました。


下草の配置、勉強させていただきました。
下草の配置、勉強させていただきました。

2017.5.3 Wed.

 栃木県、足利フラワーパークに行って来ました。

 数年前に行った時とはまた花の咲き具合が違って、藤、シャクナゲ、ボタンなどメインの花木の修景として咲いている草花が「旬」でした。

 現にMiyukiさんの撮った写真の大半は草花でした。「おいおい、メインは藤でしょ」とは思ったものの、写真を整理してみると、矢車草、ルピナス、ヒメウツギetc.…、確かに可愛いものですね。

長藤棚の下で。
長藤棚の下で。
池のほとりの黄ショウブ、もうすぐ咲きます。
池のほとりの黄ショウブ、もうすぐ咲きます。

大藤棚は圧巻でした。
大藤棚は圧巻でした。
この幹が巨大な藤を支えています。
この幹が巨大な藤を支えています。
「ハンカチの木」…ヤマボウシの仲間でしょうね。
「ハンカチの木」…ヤマボウシの仲間でしょうね。
ヒナゲシ(アマポーラ)にハナアブ♪
ヒナゲシ(アマポーラ)にハナアブ♪
次の世代につなぐ柔らかな葉が伸びています。
次の世代につなぐ柔らかな葉が伸びています。
藤の花は青空に映えます。
藤の花は青空に映えます。


帰りに「ロータススーパー7」スタイルの車が走ってました。好きだなぁ、その走る姿勢。
帰りに「ロータススーパー7」スタイルの車が走ってました。好きだなぁ、その走る姿勢。

4月17日 福島市内、休耕田のタンポポ群生
4月17日 福島市内、休耕田のタンポポ群生
4月16日 桑折町常称寺、樹齢160年の枝垂桜。八分咲きとのことです。
4月16日 桑折町常称寺、樹齢160年の枝垂桜。八分咲きとのことです。
4月8日 福島駅東口広場の花時計…花に埋もれています。
4月8日 福島駅東口広場の花時計…花に埋もれています。

2016年5月初めの花~5月7日~

2016/5/7 Sat.

 連休中、宮城県蔵王遠刈田温泉「ゆと森倶楽部暖炉ライブ」に3回出演しました。

 ソメイヨシノは終わっても、標高が高いからか、八重桜がまだ満開。演奏した「千本桜」のイメージにもぴったりでした。

 また、川の湯に向かう小道には、小さな「へび苺」の黄色い花、咲き始めたばかりの「白藤」、珍しい「白ヤマブキ」が春の風景に彩りを添えていました。

 藤と牡丹を見たいばかりに、宮城県岩沼の「金蛇水神社」に久しぶりに参拝しました。何年か前に、藤は「足利フラワーパーク」で、牡丹は「須賀川牡丹園」で見ましたが、今年はどちらも一気に楽しむことができました。

 また、ゆと森とは種類の違う小ぶりの「八重桜」が小手毬のように咲いていましたし、竹林とツツジのコントラストも素敵でした。


クレマチス、咲きました(4月26日)

 今年一番の気温、26.8度を記録した今日、オルラヤ ホワイトレース、スタキス ビザンチナ ラムズイヤーとアレリア モンタナを植えて(Takanoは名前が覚えられず、メモを見ながら入力中。実はミヤコという初心者向きカボチャ苗を植えたついでの作業…)ふと気づけば、クレマチスが咲いてました。名前がわからないのでMiyukiさんに聞いて書からくことにします。

ホワイトレース、アレリアモンタナ、ラムズイヤーなど
ホワイトレース、アレリアモンタナ、ラムズイヤーなど

三月の花、咲きました🌸

3月31日

 福島市にも春の到来。陽当たりの良い所では、「白もくれん」や「桜」が咲き始めました。

 福島市は、昨日「桜の開花宣言」が発表されました。例年より、1週間以上早い開花です。

 嬉しいことが、たくさんありそうな春!桜の新曲にも挑戦中です。

 

 


半日陰を好むクリスマスローズが、沙羅の木の下でひっそりと咲いていました。一冬を室内の鉢で越した仲間たちも、間もなくガーデンデビューします。

 上は、長野県演奏旅行の際に見つけた花達。今井農園のビオラ、諏訪湖畔の柳の芽、ほうづき、上田の桜エビ(のかき揚げの載った蕎麦)と梅、群馬のコブシ・・・様々な春の訪れです。

 下は、すみれ、かたくり、あづまいちげ。春の山野草です。